ガラスの心

ガラスの心なら 包んでしまいたい
うつむきそうな夜には どうか呼んでいて

悲しくないのに 泣き顔になる
あなたの声につかまって また目を閉じてる
気持ちが痛くて 何も手につかない
からだの芯が熱くなる もてあますだけ

 焦がれる想いを 折りたたんで過ごした
 傾いた空の青 指に絡まった

ガラスの心なら 包んでしまいたい
うつむきそうな夜には どうか呼んでいて

ずるいと言うなら 私も同じこと
あたたかな胸を探りあて この手伸ばした
何にもできないけど あなたを案じてる
白い羽根まとい 雲を抜け 山を越えよう

 出会った昨日の 面影が溶けゆく
 抱きしめた夢の色 ふたり重なった

ガラスの心なら 包んでしまいたい
うつむきそうな夜には どうか呼んでいて

ガラスの心なら 包んでしまいたい
うつむきそうな夜には どうか呼んでいて