はるがわらった

見上げる空の海に
両手ひろげ およいだ
きのうみた夢など
忘れてしまった

まばたきしたら
逃げてゆく季節
背中にぬけた
きょうのあえる日
指おりしてたね

  はるがわらった
  きみの肩ごしに
  ふるえるような
  ももいろじかん

  はるがわらった
  うたにあふれだす
  ひとつ
  深呼吸

ゆらいだ足元に
さかまく波がよんでる
はやく つかまえてよ
なみだがこぼれる

目をとじて
白い花びら
はらはら おちてくる
あしたいらない荷物は
すてたよ

  はるがわらった
  きみの顔のなか
  とびこみそうな
  ももいろじかん

  はるがわらった
  胸がくるしくて
  ひとつ
  深呼吸

  はるがわらった
  きみの肩ごしに
  ふるえるような
  ももいろじかん

  はるがわらった
  うたにあふれだす
  ひとつ
  深呼吸